むやみに歯を抜いたり、削ったりしません。歯に優しい治療を心がけています。

金属アレルギーについて

安全な治療をご提供します

当院では患者様の健康のことを考慮し、できるだけ金属を使わずに治療を行いたいと考えています。一般的な保険治療だけではなく、それと一緒にセラミッククラウンなどの自費診療もご提案しています。

「アマルガムは使いたくない」
「有害金属に理解のある歯科医院を探している」
「金属アレルギーが恐い」

このようにお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひ当院までお越しください。メタルフリーの安全な治療をお約束します。

金属アレルギーの予防法と治療法

お口の中に金属があるということは、常に金属アレルギーが引き起こされる危険性にさらされているということです。現状は何ともない方でも、月日が経つにつれて金属が溶け出していくことで、金属アレルギーを発症するということも十分に考えられます。

予防策としては金属を使用しないこと、そして治療法としては原因となっている金属を除去することです。

歯科金属(歯科治療で用いられる金属)で引き起こされるもの

歯科治療で金属のかぶせ物/つめ物を用いることで、以下のような症状が引き起こされることも考えられます。

  • 疼痛
  • 違和感
  • 味覚異常
  • 歯の変色
  • 色素沈着
  • 舌炎
  • 口唇炎
  • 口内炎
  • アレルギー性接触皮膚炎
  • 刺激性接触皮膚炎
  • 接触皮膚炎症候群
  • じんましん
  • 皮膚炎
  • 赤斑
  • 肉芽腫
  • 腎炎
  • 喘息
  • 過敏性肺炎
  • 白板症

ページTOPに戻る

保険診療と自費診療の違い

金属を使用しない治療となると、大体の場合は自費診療となります。以下では、「おおまかには分かるけど、保険診療と自費診療の違いって何?」という疑問にお応えするため、保険診療と自費診療についてご説明しています。

保険診療

保険診療

保険が適用できる治療です。大体は基本的な治療のみとなります。例えば虫歯治療であれば、ほとんどの場合はプラスチックか金属を用いたものとなります。

自費診療

自費診療

保険が適用されない治療です。様々な材質や治療法を選ぶことができるので、再治療になるケースは少ないでしょう。金属アレルギーを引き起こすことのないセラミックも自費診療です。保険適用外の治療となるので料金は高くなりますが、その料金に見合った安全性と快適さ、審美性が約束されています。

保険診療と自費診療の比較図

保険診療 自費診療
耐久性
審美性
対アレルギー
費用

ページTOPに戻る

診療時間 平日 AM9:30-12:30 / PM14:30-18:00 土曜 AM9:30-12:30 / PM14:30-17:30 休診日 水曜・日曜・祝日