むやみに歯を抜いたり、削ったりしません。歯に優しい治療を心がけています。

当院の考え方

安心の歯科治療をご提供します

「説明もなしに治療を始めるから、恐い……」
「一体どんな治療をしているのか分からない」

歯科医院でこのような不安を覚えたことのある方は大勢いらっしゃることと思います。当院では患者様にこのような不安を与えないよう、丁寧なカウンセリングから治療を始めています。

歯科治療は不安のかたまり?

「痛い・不安・恐い」がないように、安心で、わかりやすく、ていねいな治療を心がけ、健康を守る大切な「歯」をケア&サポートします。

痛みを与えないために

痛くない歯科治療を実現するため、当院では様々な工夫を施しています。こちらではその工夫の1つ、痛くない「電動麻酔」についてご紹介します。

電動麻酔器

電動麻酔器

そもそも麻酔は治療時の痛みを軽減するためのものですが、麻酔注射時や注入時に痛みを感じる方もいらっしゃいます。そこで当院では電動麻酔を採用しました。針が細いため注射時の痛みが低減され、一定の圧力で麻酔液を注入するため、“痛くない麻酔”が実現できるのです。

「不安」「怖い」への工夫

歯をむやみに抜いたり削ったりしない、人と歯に優しい治療を考えます。

  • しみるなら、神経をとってしまう
    →なるべく神経を残す努力をする
  • 抜けた歯の両隣りを削ってブリッジにする
    →安易に歯を削らないで、まずはインプラントを考える
  • むし歯が進まないように大きく削って詰めてしまう
    →むし歯の状態を確認して、必要以上に削らない
  • 悪くなった原因を調べない。
    →悪くなった原因を見極める検査をする
  • 金属で修復する。
    →なるべく金属を使わないようにする。

当院では、患者様の不安を少しでも和らげるため、スマイルクリエーターが常駐しております。治療内容だけでなく、何か気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。当院では、皆様が何を期待して来られ、それにどのように応えられるのかということを、信頼関係を確立した上で、必要な検査と十分なカウンセリングを通じて示せるように努力しております。共通のゴールを設定し、患者様と一緒に治療計画を考えること、そして優先順位を決め、無理のないところから進めていくことが大切だと思っております。

滅菌システム

パノラマレントゲン

当院のレントゲンは、今までのレントゲンのわずか1/10の被曝量で撮影が可能ですので、 小さなお子様やご高齢の方も安心して診察を受けていただけます。 また、カウンセリングにおいても適切な判断をするのに必要不可欠です。

滅菌システム

滅菌システム

皆さんに安心して治療を受けていただけるよう、滅菌、消毒も徹底しております。

長期にわたる「心地よさ」をもとめて

見た目もよく、気持ちよく、何も気にせずに、おいしく食べられる、空気のような状態を「心地よい」状態と考えております。ただ単にそうでなく、それがどのように維持され、日常生活において「心地よい」レベルであり続けるかを、定期健診を要にして考えたいと思います。
詳しくは、こちらをご覧下さい。

医院内をご覧になりたい方は、こちらをご覧下さい。

ページTOPに戻る

当院の治療に対する考え方

治療主体から予防主体へ

当院の考え方

痛くなってから歯医者へ行く、という時代は終わりました。一生涯にわたって自分の歯を使うためには、予防主体の歯科医療が重要になってきます。治療を繰り返すだけでは、いつしか歯は失われてしまうでしょう。少しずつ少しずつ削られていき、最後にはほんの少ししか残らない……。そうならないためにも、“治す”治療ではなく“予防する”治療を受けてください。

当院では分かりやすいご説明と丁寧な治療を心がけ、皆様の健康を守る大切な「歯」のケア&サポートを行っています。お口のことで何かございましたら、お気軽に当院までご連絡ください。皆様の健康をお守りするべく、尽力いたします。

ページTOPに戻る

私たちの考え方 ~これまでとこれから~

歯に優しい治療をまず考えます。

1.削らない治療のために……

1.できる限り小さく削ること

当院では“削らない”治療を実現するために、予防治療を医院の中心に据えています。というのも、“削る”治療では本質的な解決に至らないからです。たとえば虫歯を削って治したとしましょう。しかし、虫歯に至る要因(生活環境やブラッシング方法など)を解決しなければ、いつかはまた虫歯になってしまうのです。

“削らない”ためには、虫歯にならないようにする予防治療を行わなければなりません。「痛くないから」歯医者へ行かないのではなく、「痛くないうちに」どうぞご来院ください。

2.神経にはなるべく手を付けないこと

再生技術の中で、もっとも難しいのが神経です。
従って、出来る限り残す方向で治療を進めていきます。

3.残存歯を守ろう

歯が抜けてしまうと、今までよりも少ない歯で咀嚼(そしゃく)しなければならないため、残存歯の負担が増えてしまいます。これは残存歯が抜け落ちてしまう原因の1つです。そこで当院では、歯が抜けてしまった患者様に対してはできるだけ残存歯に負担をかけない治療をご提案しています。

4.メタルフリー治療を

4.相性のよいものを使用する

従来、歯科治療において金属はかなり多く用いられてきました。しかし、それは正しいのでしょうか。金属を使うということは、治療すると同時に金属アレルギーの種をまいていることでもあるのです。そこで当院ではより良い治療をご提供すべく、金属を使わない治療、つまりメタルフリー治療を心がけています。

5.安全性の高いものを採用

メタルフリー治療とは、その名の通り金属を使わない歯科治療のこと。金属アレルギーを引き起こす恐れがなく、とても安全です。ただし大体が自費診療となります。

6.矯正治療への取り組み

歯並びに関するお悩み、矯正治療で解決しましょう。この治療を受けることで、歯並びだけでなく笑顔もキレイに輝きます。そして笑顔がキレイになれば、精神面の健康状態も良くなるでしょう。当院では口内の治療に留まらず、患者様のメンタル面でのお悩みもケアしていきます。

「矯正治療は子どもがやるもの」というイメージもありますが、実はそうではありません。子どもには子どもの、大人には大人のメリットがあります。当院ではそれぞれの年代に合わせた方法で、歯並びをキレイに整えていきます。無料にて矯正治療相談を行っていますので、ぜひご利用ください。矯正専門医がご相談に応じさせていただきます。

7.インプラント治療のご提案

7.安易に歯を削らないでインプラントを考える

今まで、歯を失った場合はブリッジや入れ歯といった治療が主流でした。しかしブリッジは両隣の歯を削らなければならず、部分入れ歯は支えとなる歯にバネをひっかけてダメージを与えていました。咬合機能の回復は図れるものの、これでは残存歯の寿命が縮まってしまうでしょう。

そこで当院では歯を失った方にはブリッジや入れ歯の他に、インプラント治療もご提案しています。インプラント治療は、残存歯にダメージを与えることなく咬合機能を回復できる治療です。残存歯の寿命を保ちつつ、審美的にも機能的にも天然歯同様のインプラントで失った歯の機能を取り戻しましょう。

8.定期検診のお願い

当院では治療後の定期検診をお願いしています。歯の病気は予防と早期発見・早期治療が大事です。定期検診で口内の検査と、虫歯や歯周病の予防処置を受けましょう。定期検診は3~6ヶ月に1度の受診を目安にお考えください。

ページTOPに戻る

診療時間 平日 AM9:30-12:30 / PM14:30-18:00 土曜 AM9:30-12:30 / PM14:30-17:30 休診日 水曜・日曜・祝日